工業用高温ヒーターの専門メーカ。高温熱風 ホットエアーヒーターと光加熱(ハロゲンスポットヒーター,ラインヒーター,パネルヒーター)などを設計,製造,販売。   最高性能で短納期,低価格,多品種常備在庫

(有)フィンテック MENU

光加熱

 図面
0.概要、取扱説明
1. スポット ヒータ
   点,円形の加熱
   φ12,φ18-40w〜
   φ30,φ35-110w〜
   φ60-450w〜
   φ120-1kw〜
   φ160-2.5kw〜
2. ライン ヒータ
   線,帯状の加熱
  幅30 短焦点 F=20
  幅35 平行光 F=∞
   幅55 短焦点 F=25
   幅60 平行光 F=∞
   幅65 長焦点 F=75
  空冷,その他
3. パネルヒータ
   平面の加熱
4. 加熱用ランプ
5. 石英管ヒータ 
熱風加熱

 図面
0. 概要、取扱説明
1. 標準エアヒータ
   超小型4,6シリーズ
   小型 8 シリーズ
   標準 Sシリーズ
  旧10,15Hシリーズ
  大型18,22,29シリーズ
  セラミックベース型
  超大型 (六連型)
2クリーン,高気密
3超高温熱風ヒータ
4その他熱風ヒータ
周辺機器
*
1. 機器一覧表
2汎用エアー源
3. 専用電源(熱風)
4. 汎用電源(熱風)
5. 専用電源(光加熱)
6. 汎用電源(光加熱)
7. ポンプ,制御機セット
(有)フィンテック 光加熱 メニュー 知識
* 光加熱の物理
* 光加熱の光学
* 初歩電気講座
* 簡単な熱計算
* 各種物性一覧
* 物理定数,公式
* 技術計算ソフト
(有)フィンテック 光加熱 メニュー 図面仕様
* 図面ダウンロード
* 造仕様書
* 型名表記法
* 部品規格
(有)フィンテック 研究室
 Site map
スマホメニュー 熱風加熱ビデオ 光加熱ビデオ 神戸/案内 問合せ 熱風ヒータ特性 生産工程 熱電対 エアー源 サイトマップ ********
熱風加熱計算 エアヒータ寿命 熱風温度分布 無風通電 耐圧力 コントローラ RoHS指令 価格 光加熱用電源 会社概要
非該当証明 電熱線選定 供給エアー圧 品質基準 熱効率 銀ロー用熱風ヒータ ハロゲンランプの知識 リクルート
 

      超高温1100℃熱風ヒーターとコントローラのセット  
 
     ヒーター   : SAHD200v-1kw/10PS/HT/+SC(R)   金属ケースφ16
     コントローラ : FCM-N専用仕様  オーバーシュートを抑えた設定,R熱電対
 
 
 主な用途
  
各種予熱,加熱加工,ロー付け,溶接,切断,蒸発,乾燥などに超低コストで対応できます。電気,機械,自動車,半導体工業をはじめ、あらゆる工場,実験室,研究室などでご使用いただけます。従来の弊社熱風ヒーターに+100℃以上が欲しいときにご採用ください。
  
熱風ヒータシリーズ中での位置
 
従来の弊社製高温熱風ヒータよりも100℃以上高い1000℃〜1100℃の熱風を可能にしました。銀ロー付けなども余裕でこなします。これはHDコイルの更なる研究の結果、うまれました。      
 

    ヒーターの主な仕様             注 意 点
 
 定格電圧,電力  200v-1kw
 エアー耐圧     0.6 MPa(Pタイプ)
 エアー温度     常温〜1100 ℃
 エアー流量     10〜50 L/min.
 
 SAHD-10□S/HT型熱風ヒータは比較的圧損の大きな熱風ヒータです。 50L/minでご使用になる場合には約0.25MPaの圧力損失を見込む必要があります。そのため通常はエアーコンプレッサー( 工場の配管エアー) を使用します。
 

*
銀ロー付け実験ビデオ   フル画面で見て下さい 高温加熱実験ビデオ
 
   上は銀ロー付け実験ビデオ→(クリックで再生)
 
   このときの条件はFCM-N型コントローラ使用で
 
   ヒーター出力  90% (約900w)
   熱風温度    1000℃
 
   上は加熱実験ビデオ→(クリックで再生)
 
   このときの条件はコントーローラの使用なしで
   エアー流量  20L/min. (圧力0.077MPa) 
   実測電圧,電力 144v-530w
   熱風温度       1000℃
   加熱対象物     約920℃
   
* 
       熱風ヒーター専用コントローラ FCM-N            アルミ材の硬ロウ付けテスト
 
 上は画期的な熱風ヒーター用コントローラ「FCM−N」の
 解説ビデオ。
 
 FCM−Nは電磁弁を毎秒10回の高速サイクル制御す
 る事で微妙なエアー流量制御をしています。 超高性能
 電磁弁なので、この様な高速動作にも余裕で追従でき、
 寿命も50億回あるので、15年間以上の連続運転に耐
 える計算になります。摺動部など磨耗する部分がないの
 で塵の発生もほとんどありません。
 
 この方式のすばらしさは、高度なエアーコントロール性能
 をもちながら低コストであることです。 また簡単な内部変
 更でパルスブローにも対応できます。 熱風のパルスブロ
 ーにどの様な効果や用途があるのかは今後の研究課題。
 
 
 上はアルミロウ付けの実演ビデオ。
 
 アルミ硬ロウ材はアルミ母材との融点に差が少ないため、
 特にガスバーナーの場合、注意しないと母材を溶かしてし
 まう。
 
 その点、熱風ヒータなら微妙な温度調節ができるために
 比較的簡単にロウ付けができる。
 
 ワークが大きめの場合には断熱性の台や壁を利用して熱
 の放散を防ぐと高温になりやすく、熱風ヒーターでも容易
 にロウ付けできる。さらにはセラミックウールなどで放熱を
 防げば、より効果的となる。ガスバーナーならセラミックウ
 ールは瞬間的に溶けてしまうが、熱風ヒーターならばその
 心配は無い。

                                                                             
 
  CAD図面(.dwg )  ダウンロード
 
  SAHD200v-1kw/10PS/HT/+S(R)
 
 
  他のファイル型式が必要な場合はご相談ください。→asada@fintech.co.jp
 
 
 
 
 
                             
   
 推奨するご使用方法   SAH型熱風ヒータはエアー流量のコントロールと、熱風温度のコントロールが必要です。
 
  専用コントローラ
   FCM−N型
これ一台でエアーと電気のコントロールをまとめて行いますので、これだけで完結です。
超高温熱風ヒータは上限温度に近い領域で運転しますので、シビアな温度制御が必要です。そのため、このコントローラを専用設定したものとの組み合わせでのみで販売します。

 
 
 
 
 
 

  
  掲載ページへリンク 
  
  熱風温度とヒーター出力(%)を指定するだけです。あとはコントローラが自動で適切な流量のエアーを流します。
  かんたん操作で超高安定性です。エアー元圧や電源電圧の変動があっても安定化させる機能をもたせています。
  
   供給電源   AC200v〜240v (基本構造はフリー電圧仕様で100vも可。ただし超高温熱風ヒーターは200v仕様のみ)
   供給エアー  圧力0.3〜0.6MPa 清浄なエアー ( 0.01μmフィルター取付必須 )
  
  
 
 接続図A3      -    
 
 取扱説明A3      -    
  原理図      -    
  回路図 



 
   Back      DWGファイルの閲覧,作成用無料ソフト  ダッソー・システム社 DraftSight        
 
 
 
         Fintech.co.jp





    
 
 
   会社概要                                                               ******************************************************************************************************************************************