工業用高温ヒーターの専門メーカ。高温熱風 ホットエアーヒーターと光加熱(ハロゲンスポットヒーター,ラインヒーター,パネルヒーター)などを設計,製造,販売。   最高性能で短納期,低価格,多品種常備在庫

(有)フィンテック MENU

光加熱

 図面
0.概要、取扱説明
1. スポット ヒータ
   点,円形の加熱
   φ12,φ18-40w〜
   φ30,φ35-110w〜
   φ60-450w〜
   φ120-1kw〜
   φ160-2.5kw〜
2. ライン ヒータ
   線,帯状の加熱
  幅30 短焦点 F=20
  幅35 平行光 F=∞
   幅55 短焦点 F=25
   幅60 平行光 F=∞
   幅65 長焦点 F=75
  空冷,その他
3. パネルヒータ
   平面の加熱
4. 加熱用ランプ
5. 石英管ヒータ 
熱風加熱

 図面
0. 概要、取扱説明
1. 標準エアヒータ
   超小型 4,6シリーズ
   小型 8 シリーズ
   New (Tシリーズ)
   標準 (Sシリーズ)
  旧10,15Hシリーズ
  18,22,29シリーズ 
  セラミックベース型
  超大型 (六連型)
2クリーン,高気密
3超高温熱風ヒータ
4その他熱風ヒータ
周辺機器
*
1. 機器一覧表
2汎用エアー源
3. 専用電源(熱風)
4. 汎用電源(熱風)
5. 専用電源(光加熱)
6. 汎用電源(光加熱)
7. ポンプ,制御機セット
(有)フィンテック 光加熱 メニュー 知識
* 光加熱の物理
* 光加熱の光学
* 初歩電気講座
* 簡単な熱計算
* 各種物性一覧
* 物理定数,公式
* 技術計算ソフト
(有)フィンテック 光加熱 メニュー 図面仕様
* 図面ダウンロード
* 造仕様書
* 型名表記法
* 部品規格
(有)フィンテック 研究室
 Site map



スマホメニュー 熱風加熱ビデオ 光加熱ビデオ 神戸/案内 問合せ 熱風ヒータ特性 生産工程 熱電対 エアー源 サイトマップ ********
熱風加熱計算 エアヒータ寿命 熱風温度分布 無風通電 耐圧力 コントローラ RoHS指令 価格 光加熱用電源 会社概要
非該当証明 電熱線選定 供給エアー圧 品質基準 熱効率 銀ロー用熱風ヒータ ハロゲンランプの知識 リクルート
光加熱

 図面
0.概要、取扱説明
1. スポット ヒータ
   点,円形の加熱
   φ12,φ18-40w〜
   φ30,φ35-110w〜
   φ60-450w〜
   φ120-1kw〜
   φ160-2.5kw〜
2. ライン ヒータ
   線,帯状の加熱
  幅30 短焦点 F=20
  幅35 平行光 F=∞
   幅55 短焦点 F=25
   幅60 平行光 F=∞
   幅65 長焦点 F=75
  空冷,その他
3. パネルヒータ
   平面の加熱
4. 加熱用ランプ
5. 石英管ヒータ 
熱風加熱

 図面
0. 概要、取扱説明
1. 標準エアヒータ
   4,6シリーズ    
   8 シリーズ New!
   10,15Sシリーズ  
  旧10,15Hシリーズ
  18,22,29シリーズ 
  セラミックベース型
  大容量コンパクト
2クリーン,高気密
3超高温熱風ヒータ
4その他熱風ヒータ
周辺機器
*
1. 機器一覧表
2汎用エアー源
3. 専用電源(熱風)
4. 汎用電源(熱風)
5. 専用電源(光加熱)
6. 汎用電源(光加熱)
7. ポンプ,制御機セット
(有)フィンテック 光加熱 メニュー 知識
* 光加熱の物理
* 光加熱の光学
* 初歩電気講座
* 簡単な熱計算
* 各種物性一覧
* 物理定数,公式
* 技術計算ソフト
(有)フィンテック 光加熱 メニュー 図面仕様
* 図面ダウンロード
* 造仕様書
* 型名表記法
* 部品規格
(有)フィンテック 研究室
 Site map
  HLCシリーズ     ハロゲンランプ ヒーター用の専用コントローラ  
 
− 適合する光加熱ヒータ類 − 

ハロゲンスポットヒータ HSH,ラインヒータ LHW/LHA,ハロゲンランプ QIR
   
ハロゲンランプを使った光加熱装置を最適に自在にコントロールできます。ハロゲンランプは電源にとって通常の負荷とは異なり、大きな抵抗値変化のある負荷なので、:通常の使用方法では大きな突入電流が流れます。これがあるとランプ寿命が短くなり、電源側も悪影響を与えます。HLCはこれらの対策を行ないつつ、現場のあらゆるニーズに応えられる多機能コントローラです

                                           
 
     
     

HLC-□N ハロゲンランプ用 標準型電源コントローラ     

標準在庫品販売方式。即納,高いコストパフォーマンス。 ただしカスタマイズはできません。
   
型名 特徴,機能 適合ランプ 外形と
取扱説明
備考
 

 HLC-LN

 
 
  即納可
低電圧ハロゲンランプ ヒーター用
直流電源。高機能,低コスト
@ 12v/24v 切替式 150wまで
A ソフトスタート,断線警報機能
B 予熱機能付き→外部から切替式
V1,V2の2つの電圧を正面のボリュームで設定でき、それを外部から切替可能。 出力は安定化。
C 外部コントロール 4〜20mA
D 電源はフリー電圧 100v〜240v 
E デジタル電圧,電流計,電力計付
F 高級SUS外装。堅牢で高耐蝕性
HSH の下記ランプが点灯可
 
12v-20w  6本
12v-40w  3本
12v-85w   1本
12v-110w 1本 
 
24v-75w   2本 
24v-150w 1本
   
 
直流点灯方式。 軽量で高機能。優れた コストパ フォーマンス
 
 適合するヒーター
   HSH-12, HSH-18
   HSH-30, HSH-60
 
 取扱説明書
 
 質量:約3kg
 

 HLC-MN

 
 
  即納可
低電圧ハロゲンランプ ヒーター用
直流電源。高機能,大出力
@ 0〜36v-12.5A(450w)
A 定電圧,ソフトスタート,断線警報
B 予熱機能付き→外部から切替式
V1,V2の2つの電圧を正面のボリュームで設定でき、それを外部から切替可能。 出力は安定化。
C 外部コントロール 4〜20mA
D 電源はフリー電圧 100v〜240v 
E デジタル電圧計,電流計,電力計付
F 空冷HSH用ファン電源付き
G 高級SUS外装。堅牢で高耐蝕性
24v-300wまでのランプヒータ
 
36v-450wまでのランプヒータ
 
24v-75w   4本 
24v-150w 2本
   
直流点灯方式。 軽量 で高機能。優れたコス トパフォーマンス
  
適合するヒーター
高出力のHSH-60用
通常のHSH用としても 多数点灯用としての選択肢になる
 
質量:約4.3kg
 

 HLC-HN 

 
 
  即納可
ライン電圧ハロゲンランプ用
位相制御-電力コントローラ
@ ランプに加わる電圧をコントロール。 ソフトスタート,断線警報も備える
A 100v〜240v電源に対応しているので定格電圧が100v〜240vのランプに対応。 最大電流は25Aまで
B 予熱機能付き→外部から切替式
V1,V2の2つの電圧を正面のボリュームで設定でき、それを外部から切替可能。 出力は安定化。
C 外部コントロール 4〜20mA
D デジタルマルチ計(電圧,電流,電力)
E 高級SUS外装。堅牢で高耐蝕性
F 電力設定V1は高精度のポテンショメータ 
100v-2.5kwまでのランプヒータ
  
200v-5kwまでのランプヒータ
 
240v-6kwまでのランプヒータ 
   
交流位相制御点灯方式
軽量で高機能。優れたコストパフォーマンス
   
適合するヒーター
HSH-120,HSH-160,その他全てのLHW,LHA.
 
供給電圧はフリー(100〜 240v)ですが、使用するラ ンプの定格電圧を超えな い様にして下さい。
 ランプ定格電圧=供給電圧が基本です
  
質量:約3.3kg
  
  
   
   
  
         HLC-LN 型  低電圧(12v,24v)ハロゲンランプ用コントローラ  高信頼性仕様   
   
  
 
 
  
 
  
特長
  
最大出力 150w
 
当社のハロゲンスポットヒータ HSH12からHSH-60用の電源(ただし出力150w以下)。
 
12v,24v ランプに対応

生産ライン組込み対応の高信頼性設計と組立管理

  
−概要−
※  当社のハロゲンスポットヒータ HSH-12,18,30,60用電源。12v-(20w〜110w),24v-(75w〜150w)ランプに対応。高級ステンレス製のケースに可変電圧のスイッチング直流安定化電源を組込み、各種情報の表示器を備えます。
スイッチング電源なので小型軽量です。電圧はゼロから最大電圧までリニアに可変できます。
電圧計,電流計,電力計を備えます。電圧計のみの装備ではランプ状態の管理ができませんのて、電流計は特に重要です。更にHLC-LNは電力の表示もできますから、加熱条件の設定がやりやすくなっています
高級ステンレス製のケースは通常の塗装をした鉄製ケースに較べ耐蝕性が良く、錆も発生しません。そのため長期 間ご使用になっても錆がういたりネジが錆び付いて外れなくなる様な事がありません(ネジもSUS304製)。また塗装面はスポットヒータの焦点に一瞬でも当たると焦げて変色する危険がありますが、ステンレスケースは丈夫です。 大きな荷重が加わっても変形しにくく、内部を保護します
外部接点操作で2つの電圧を切り換えて使うことができます。例えばV1を本加熱状態、V2を予熱(Preheat)状態の電圧に設定しておき、それを外部接点信号で自由に切り換えて使用できます
電圧の外部制御が可能です。外部からの4〜20mA信号で出力電圧を自由に設定できます
外部接点信号で出力のON-OFFができます
空冷ヒーター用のファン電源を備えます
ランプ断線検出出力があります
サイズ 横260mm×高さ85mm×奥180mm (ボリューム,端子台,ゴム足等の突起部は含みません)
 
 

 
正面パネルについて。 左側から解説
@  Powerスイッチ ”一”でON,”0”でOFF
A 表示ランプ 左側から解説 V1→V1 電圧設定が選択されている事を示します。 V2 →V1電圧設定が選択されている事を示します。 AUTO → 外部4〜20mA制御になっている事を示します。 ALARM →  異常表示
B デジタル電圧,電流,電力計 上側の表示が電圧で、下側の表示が電流,電力(切替式)です。
C V1(Heat)電圧設定ボリューム 左に回すと電圧は低下し、右に回すと電圧が上昇します
D V2(Preheat)設定ボリューム 左に回すと電圧は低下し、右に回すと電圧が上昇しま す
  

裏面パネル端子についての解説 小端子台は左から@〜K,大端子台も左から@〜B

小端子台@-A OUTPUT:ランプヒーターを接続します。
小端子台B-C ON-OFF:外部ON-OFF制御入力。外部からの接点入力で、OpenでOFF,CloseでONになります。何も接続しない場合はショートバーを入れておいてください。でないと出力しません。
小端子台D-E V1-V2:外部からの接点入力で、OpenでV1,CloseでV2になります。なにも接続しなければV1になっています。    
小端子台F-G 4-20mA:外部制御入力。DC4〜20mAで出力電圧を外部制御できます。ただし外部制御にするにはH-IをCloseにする必要があります。
小端子台H-I ON-AUTO: 外部制御に切替。外部からDC4〜20mA信号で出力電圧を外部制御する場合、これをCloseしてください。
小端子台J-K ALARM: アラーム出力(異常信号の接点出力)。HLCに異常が起こると出力を停止し、この出力がCloseになります。メッセージは正面パネルに表示します。
大端子台@-A 電源入力。AC100v〜240v,50/60Hzの電源に接続します。電源に必要な電流容量は200vて約3A以上、100vで5A以上です。
大端子台B  FG:接地用端子。感電防止のため、必ず接地してください。
 
     
  
  
   
          HLC-MN 型  大電力低電圧(24v,36v)ハロゲンランプ用コントローラ      高信頼性設計
  
  
 
  
特長
    
最大出力 500w
 
当社のハロゲンスポットヒータ HSH60 用電源。
 
24v-300w,36v-450wランプに対応
 
生産ライン組込み対応の高信頼性設計と組立管理
 
当社のハロゲンスポットヒータ HSH-60 用電源。24v-300w,36v-450wのランプに対応
  
 高級ステンレス製のケースにスイッチング直流安定化電源を組込み、電圧,電流,電力の表示器を備えます。
 
 
−概要−
スイッチング電源なので小型軽量です。電圧はゼロから最大電圧までリニアに可変できます。
電圧計,電流計は一般的ですが、HLC-MNは電力計も備えます。加熱状態の管理がやりやすくなりました。
高級ステンレス製のケースは通常の塗装をした鉄製ケースに較べ耐蝕性が良く、錆も発生しません。そのため長期間ご使用になっても錆がういたりネジが錆び付いて外れなくなる様な事がありません(ネジもSUS304製)。また塗装面はスポットヒータの焦点に一瞬でも当たると焦げて変色する危険がありますが、ステンレスケースは丈夫です。 大きな荷重が加わっても変形しにくく、内部を保護します      
外部接点操作で2つの電圧を切り換えて使うことができます。例えばV1を本加熱状態、V2を予熱(Preheat)状態の電圧に設定しておき、それを外部接点信号で自由に切り換えて使用できます
電圧の外部制御が可能です。外部からの4〜20mA信号で出力電圧を自由に設定できます
外部接点信号で出力のON-OFFができます
ランプ断線検出出力があります
空冷ヒーター用のファン電源を備えます
サイズ 横260mm×高さ105mm×奥180mm (ボリューム,端子台,ゴム足等の突起部は含みません)
 
 
 
 
正面パネルについて。 左側から解説
@  Powerスイッチ ”一”でON,”0”でOFF
A 表示ランプ 左側から解説 V1→V1 電圧設定が選択されている事を示します。 V2 →V1電圧設定が選択されている事を示します。 AUTO → 外部4〜20mA制御になっている事を示します。 ALARM →  異常表示
B デジタル電圧,電流,電力計 上側の表示が電圧で、下側の表示が電流,電力(切替式)です。
C V1(Heat)電圧設定ボリューム 左に回すと電圧は低下し、右に回すと電圧が上昇します
D V2(Preheat)設定ボリューム 左に回すと電圧は低下し、右に回すと電圧が上昇しま す
 
 
   




















裏面パネル端子についての解説 小端子台は左から@〜K,大端子台も左から@〜B
小端子台@-A   OUTPUT:ランプヒーターを接続します。
小端子台B-C  ON-OFF:外部ON-OFF制御入力。外部からの接点入力で、OpenでOFF,CloseでONになります。何も接続しない場合はショートバーを入れておいてください。でないと出力しません。  
小端子台D-E  V1-V2の切替:外部からの接点入力で、OpenでV1,CloseでV2になります。なにも接続しなければV1になっています。
小端子台F-G 4-20mA:外部制御入力。DC4〜20mAで出力電圧を外部制御できます。ただし外部制御にするにはH-IをCloseにする必要があります。
小端子台H-I ON-AUTO: 外部制御に切替。外部からDC4〜20mA信号で出力電圧を外部制御する場合、これをClose してください。
小端子台J-L ファン空冷式光加熱装置用のファン電源出力(アラーム出力付きファンに対応)です。ファンを使わないときはK-L間にショートバーを入れてください。ファン(アラーム出力付き)を使用する場合、ショートバーを外して下さい。アラーム出力無しのファンを使用される場合、FAN はJ-Lに接続し、ALARMKはGに接続して下さい。      
大端子台@-A 電源入力。AC100v〜240v,50/60Hzの電源に接続します。電源に必要な電流容量は200vて約5A以上、100vで10A以上です。
大端子台B  FG:接地用端子。感電防止のため、必ず接地してください。
 
   
        
  
   
  
          HLC-HN型  ハロゲンランプヒーター用電力コントローラ                                                                            
         全てのライン電圧(100v〜240v)ランプを使ったヒーター(HSH,LHW等)に対応
  


  
  
 
取説 英文
 
−概要−
※   フリー電圧(AC100〜240v) 電流容量25A→100v-2.5kw,200v-5kw,240v-6kwまでのランプを点灯制御可能 
※  生産ライン組込み対応の高信頼性設計と組立管理
高級ステンレス製ケースに安定化電源(交流位相制御)を組込み、高精度の多機能デジタルメータ(電圧と電力または電流の切替表示。真の実効値表示。誤差は電圧,電流が約±1%/200v,電力が約±2%/200v)を備えます。 →測定器ではないので、公差は参考値です。保証値ではありません。
多機能デジタルメーターは通常は電圧と電力表示で使います。他社品等は電圧表示のみが多いですが、電圧ではランプの加熱能力が間接的にしか分かりませんでした。しかし電力表示ならば加熱能力の大小が直接的に分かります。また電圧管理のみではランプに異常があっても、その数値からは異常を検知できませんでしたが、電力管理ならばランプの異常も電力数値の変化として検知できます。電力計は高価なので良い事は分かっていても採用される事は稀でしたが、本機では採用しました。また加えて電流値の表示もできます。
ステンレス製ケースは以下のメリットがあります
耐蝕性が良く、錆も発生しません。そのため長期間ご使用になっても錆で変色したりネジが錆び付いて外れなくなる様な事がありません。
通常の塗装ケースではスポットヒーターの焦点が一瞬でも当たると焦げて変色する危険がありますが、ステンレスケースは丈夫です。大きな荷重が加わったときも変形しにくく、内部を保護します。
※  Heatでの電圧,電力を正確に設定できる高精度10回転型ポテンショメータを備えます。また外部スイッチで予熱状態に切替える事ができます。更に別の外部スイッチでON-OFFさせる事ができます。
※  外部制御(Auto)では外部から4〜20mA信号で出力電力を自在に調節できます
※  ランプ断線,その他の異常を知らせる出力(接点)を標準装備します
※  ファン冷却ヒーターのためのファン用電源(24v-0.8A)を備えます。ファンアラーム付きに対応しています。
※  サイズ 横260mm×高さ96mm×奥180mm (ボリューム,端子台,ゴム足等の突起部は含みません)
 
 

  
正面パネル操作を左側より解説
@Powerスイッチ ブレーカーを兼ねる
AIndicator 各種の状態を表示をする。 左からV1,V2,AUTO,ALARM。V1は(Heat)出力状態である事を示す。V2は(Preheat) 出力状態である事を示す。 AUTOは外部からの4〜20mA制御状態であることを示す。ALARMは何らかの異常が発生して停止状態であることを示す。メッセージは右のパネルに表示される。
Bマルチメーター 上段表示は出力電圧(RMS)を示すこれは常時表示される。下段表示は切替で出力電流と出力電力を示す。
BV1(Heat)   出力電圧を設定する。 10回転ポテンショメータ(ロック付)なので正確に設定できる。
CV2(Preheat) 予熱電圧を設定する。
  
 

裏面パネル端子についての解説 小端子台は左から@〜L,大端子台も左から@〜D
小端子台@-A 外部ON-OFF制御入力。外部からの接点入力で、OpenでOFF,CloseでONになります。何も接続しない場合はショートバーを入れておいてください。でないと出力しません。
小端子台B-C V1とV2の切替をします。 外部からの接点入力で、OpenでV1,CloseでV2になります。なにも接続しなければV1になっています。
小端子台D-E 外部制御入力。DC4〜20mAで出力電圧を外部制御できます。ただし外部制御にするにはF-GをCloseにする必要があります。
小端子台F-G 外部制御に切替。外部からDC4〜20mA信号で出力電圧を外部制御する場合には、これをCloseしてください。
小端子台H-I  アラーム出力(異常信号の接点出力)。HLC-HNに異常が起こると出力を停止し、この出力がCloseになります。メッセージは正面パネルに表示します。
小端子台J-L ファン空冷式光加熱装置用のファン電源出力(アラーム出力付きファンに対応)です。ファンを使わない時はK-L間にショートバーを入れてください。
ファン(アラーム出力付き)を使用する場合、ショートバーを外して下さい。
アラーム出力無しのファンを使用される場合、FAN はJ-Lに接続し、ALARM KはGに接続して下さい。
大端子台@-A  ランプヒーターを接続します。ランプヒーターの定格電圧は基本的にご使用になる電源電圧と同じものをご使用ください。
大端子台B  FG:接地用端子。感電防止のため、必ず接地してください。
大端子台C-D 電源入力。AC100v〜240v,50/60Hzの電源に接続します。電源に必要な電流容量は、HLC-HNに接続するランプヒーターの定格電流値以上としてください。例えば200v-2kwランプを使用される場合は定格電流が10Aですので、電源の電流容量は10A以上、できれば15A以上の電流容量をもつ電源に接続してください。

電源電圧は100v〜240vの任意の電圧で動作しますが、必ずご使用になるランプヒーターの定格電圧と同じ電圧の電源に接続してください。220v電源で200v定格のランプヒーターを使う程度なら問題は少ないのですが、200v電源で100v定格又はそれ以下の定格電圧のランプを使うのは非常に危険です。

これは位相制御という電圧制御方式の特性によるもので、これで電圧を下げていっても、瞬間的には高い電圧が加わっているので、低電圧定格のランプは内部で絶縁破壊する場合があります。これが起きるとランプヒーターは瞬時断線し、最悪の場合は破裂します。
   
  
 
 

 
                                  CAD図面(dwg)



     
エラーコードと、その意味,対処方法 一覧表   
エラーコード  異常名称 原因 処置
E01 過電流(OCP) 誤配線,ランプ短絡の場合(30A以上が2秒間継続) 配線確認,ランプ短絡の場合はランプ交換
E02 ランプ断線 ランプのフィラメント断線(非道通) ランプ交換、または配線確認
E03 オーバーヒート(OHP) 内部の放熱器の温度が80℃以上に達した場合 周囲温度が40℃以上の場合、設置場所を再検討してください。周囲温度が40℃以下の場合、本体交換
E04 内部温度センサー断線 内部温度センサーが断線した場合、もしくは周囲温度が-10℃以下の場合 本体交換(ただし周囲温度-10℃以下の場合は設置場所を再検討して下さい。、
E05 外部ファン停止 外部に取り付けたファンの回転が停止した場合 外部ファン交換
E06 電力調整器 警報 内部の電力調整器が警報出力した場合 電力調整器本体のエラー表示を確認ください。

上記エラーの場合は出力を停止し、いったん電源を切るまではエラー表示を保持します。このため、電源を切った後に核エラーコードに沿った処置を行い、、再度エラーコードが発生しないかご確認をお願いします。
※  E03は電源内部が高温環境に起因して発生するエラーコードです。このため、放熱フィンの異物付着や電源設置場所と壁の位置関係が近すぎないか? 周囲温度が40℃以上になっていないか? などをご確認ください。



   Back      DWGファイルの閲覧,作成用無料ソフト  ダッソー・システム社 DraftSight        

                                          Fintech.co.jp