工業用高温ヒーターの専門メーカ。高温熱風 ホットエアーヒーターと光加熱(ハロゲンスポットヒーター,ラインヒーター,パネルヒーター)などを設計,製造,販売。   最高性能で短納期,低価格,多品種常備在庫                     

(有)フィンテック MENU

光加熱

 図面
0.概要、取扱説明
1. スポット ヒータ
   点,円形の加熱
   φ12,φ18-40w〜
   φ30,φ35-110w〜
   φ60-450w〜
   φ120-1kw〜
   φ160-2.5kw〜
2. ライン ヒータ
   線,帯状の加熱
  幅30 短焦点 F=20
  幅35 平行光 F=∞
   幅55 短焦点 F=25
   幅60 平行光 F=∞
   幅65 長焦点 F=75
  空冷,その他
3. パネルヒータ
   平面の加熱
4. 加熱用ランプ
5. 石英管ヒータ 
熱風加熱

 図面
0. 概要、取扱説明
1. 標準エアヒータ
   超小型4,6シリーズ
   小型 8 シリーズ
   New ( Tシリーズ)
   標準 ( Sシリーズ)
  10,15 Hシリーズ
  18,29 Hシリーズ 
  10,15 Gシリーズ
  超大型 (多連型)
2クリーン,高気密
3超高温熱風ヒータ
4その他熱風ヒータ
周辺機器
*
1. 機器一覧表
2エアー源
3. 光加熱用の電源
4. 熱風加熱 電源 
5. 汎用電源
(有)フィンテック 光加熱 メニュー 知識
* 光加熱の物理
* 光加熱の光学
* 初歩電気講座
* 簡単な熱計算
* 各種物性一覧
* 物理定数,公式
* 技術計算ソフト
(有)フィンテック 光加熱 メニュー 図面仕様
* 図面ダウンロード
* 造仕様書
* 型名表記法
* 部品規格
(有)フィンテック 研究室
 Site map
スマホメニュー 熱風加熱ビデオ 光加熱ビデオ 神戸/案内 問合せ 熱風ヒータ特性 生産工程 熱電対 エアー源 SiteMap ********
熱風加熱計算 エアヒータ寿命 熱風温度分布 無風通電 耐圧力 コントローラ RoHS指令 価格 光加熱用電源 会社概要
非該当証明 電熱線選定 供給エアー圧 品質保証 熱効率 銀ロー用熱風ヒータ ハロゲンランプの知識 リクルート

                                           
    次世代SAHDヒーター NEXT-G SUPER AIR HEATER HD    
  
             Tシリーズ 

 
  概要
  
  エアーの供給と電力供給,温度センサーリード,アース線を1つのチューブにまとめた超コンパクト
  ですっきりした設計のヒータです。
  
  電線類が露出していないので汚染環境での使用にも適しており、電線の強い屈曲も起こりにくいの
  で可動部分への設置にも適しています。
  
  HDコイルと超高熱伝達設計によりコンパクトなのに高温(品種によるが約1000℃)が可能で従来の
  常識を超越したハイパワーです。 

 準備中

  SAHD-4T シリーズ 

 金属ケースφ6, 25w〜150w 

 準備中

  SAHD-6T シリーズ 

 金属ケースφ8, 35w〜300w     

 発売中

  SAHD-8T シリーズ 

 金属ケースφ10.5, 170w〜1.4kw        

 発売中

  SAHD-10T シリーズ

 金属ケースφ13, 200w〜2kw          

 準備中   SAHD-15T シリーズ  金属ケースφ19, 200w〜4kw 
  


エアー供給するウレタンチューブ内に電線類を通しています。
 
ウレタンチューブの長さは500mmを標準としていますが,250mm,1mも選択できます。その他の寸法も特注扱いで対応します。
 
チューブを耐熱チューブ(PTFE260℃)に代えた耐熱仕様品もあります。
  

    T シリーズ熱風ヒーターの特長

  
  @すべての電線類がエアーチューブの中を通っているので電線類が見えず,非常にすっきり
   しています。また電線が露出していないので耐水性,耐薬液性,耐磨耗性も良好で高い安
   全性を確保できます。
 
  Aヒーター側面に電線引出部の突起が無くなったので,狭い場所への設置にも有利です。
 
  B電線類が小さいRで曲げられる心配が無いので,疲労断線が起こらない構造になっていま
       す。従来はSAH型熱風ヒーターのトラブルの約12%が、この疲労断線によるものでした。
     T シリーズ熱風ヒータはロボットに取り付けて運用する場合などに特に真価を発揮します。
 
  CTシリーズの場合、通電によるリード電線の発熱は通過エアーが冷却し、熱回収します。
   このためエアーチューブに耐熱性のものを使えば高温環境でもリード線の焼損が防げます。
   耐熱仕様品→エアーチューブに耐熱チューブ(PTFE260℃)を使用。ただしエアー接続部 の
   エルボー継手は通常品なので耐熱60℃です。
  
  D最新の技術を全て盛り込んだ製品です。超高密度発熱体HDコイルや超熱伝達効率技術
   UHTはもちろん,最新のノーハウを全て投入して高性能,高信頼性を獲得しています。
 
  
                     先頭に戻る 
  
    
    SAHD-8Tシリーズ 加熱管Φ8, 金属ケースφ10.5  170w〜1400w

                                   
 
  SAHD-8T series english documents(PDF)
 SAHD-8T シリーズ 日本語資料 (PDF)
   基本設計から性能,機能,コスト,扱いやすさの
      最適点を追求して誕生した小型熱風ヒーター

  
 
 
ヒーターからの電線類はエアーチューブ内を通り、エアー接続口から引き出されます。電源線,センサー線に加えアース線も備えますから漏電に対しても安全に運用できます。 
  ***** 線色     備考
電源リード線 2本 PFA電線
センサーリード K熱電対 〜650℃
N熱電対 〜850℃
R熱電対 〜1100℃
アース線 *

ヒーターがロボットに取り付けられて運動する様な場合、特にセンサーリード線が疲労断線する故障が多発します。しかしこの製品なら疲労断線はしません。
熱風ヒーター専用コントローラ AHC-1との組み合わせで最も簡単で安全な熱風加熱システムが構築できます。
 
AHC-1はアナログ設定ですがエアーの流量調節とヒーター電力を調節できます。
  エアー流量   0〜70L/min.程度
  ヒーター電力   20%〜98% 10A-max. 
 
更にエアーが停止したときには電力をOFFにしてヒーターを焼損から守ります。
 
左写真のヒーターは取付金具(一般市販品)を付けています。
   
エアーチューブを耐熱チューブ(PTFE260℃)に代えた耐熱仕様品もあります。
SAHD-8PT型熱風ヒータは熱風出口がRC1/8なので、左図の様な一般市販のノズルが使えます。
 
もちろんインラインヒータとしても一般的なR1/8ネジなので、扱いやすい。
 
左下  平ノズル      1.5×11mm
               800℃程度まで
 
右下  針ノズルセット  低温用(200〜300℃)
               Φ3.4×80mm
               Φ2.4×73mm
               Φ1.8×54mm
               Φ1.3×40mm
               Φ1.0×33mm
 
  

 
 
 主な用途
  
各種予熱,加熱加工,ロー付け,溶接,切断,蒸発,乾燥などに超低コストで対応できます。電気,機械,自動車,半導体工業をはじめ、あらゆる工場,実験室,研究室などでご使用いただけます。
  
熱風ヒータシリーズ中での位置
 
最も需要の多い200w〜1kw程度を最適条件でカバーするべく開発した新機種です。従来品よりもスリムで超高温対応,高出力です。
 
ヒーターを構成する発熱体や絶縁管,石英管がスリムになることで高い耐衝撃性が生まれます。過酷な海外運送による振動衝撃にも余裕で耐えます。ロボットに取り付けての運用などでも強い耐力を発揮します。
 
最多需要帯を担当させるべく、量産対応,高信頼性を熟慮した設計になっています。
 
 
   ヒーターの主な仕様    注 意 点
 
 定格電圧,電力  220v-1400w (200v-1160w)
             220v-700w (200v-579w)
             110v-700w (100v-579w)
             24v-170w
 エアー耐圧     0.8 MPa
 エアー温度     〜1100 ℃(常用1000℃)
 エアー流量     10〜70 L/min.
  
 
 SAHD-8型熱風ヒータは比較的圧損の大きな熱風ヒータ
 です。40L/minでご使用になる場合には約0.3MPaの圧力
 損失を見込む必要があります。そのため通常はエアーコン
 プレッサー( 工場の配管エアー) を使用します。
 このヒーターを高温で使われる場合には、その温度に対応
 した温度センサ(熱電対)を選定してください→下の資料
 
 熱風を直接大気中に放出させる場合は熱風ヒータに内蔵さ
 せている熱風温度センサーは外気の逆流の影響を受けて
 正しい数値を示さない事が多々あります。 逆流の解説 
 
                      
  
  
電圧,電力の組み合わせは下記の4種類のみ。
 @24v-170w A110v-700w B220v-700w B220v-1.4kw
 
基本的な考え方は、200vのご使用電源であっても、220v定格品を使っていただく。定格電圧が高いヒータを低めの電圧で使う事は安全サイドなので全く問題なく、むしろ信頼性が高くなる。
 
電圧値に対して電力値の小さいヒータは電流が小さくなり、そうなると電熱線も細くなるので切れやすい。また作り難くなる。
 
特に定格電流が2A以下の低電力品は作り難く、コスト高。また高温寿命が短くなり信頼性も低くなりやすい。定格電流値は大きいほど信頼性や高温性能が良い。
 
必要な熱量が少ないからと小さな電力のヒータを特注製作するよりも、大きめの電力のヒータを選定し、温度調節器で電力をコントロールして使用するほうがトラブルが少ない。
 
例えば必要電力が100wの用途でも、温調器を使って電力コントロールすれば700wの機種が問題無く使える。
 
ただしより良い制御を行うには、必要以上の電力が加わらないように温調器で出力制限をかけたほうが良い。これは多くの温調器に備わっている機能であり、出力の上限を定める。→たとえはアズビル製の温調器であればoH-1というパラメータに上限値、例えば30%とかを入れる。
 

||

||

||

||

||

||

||

||

||
温度センサー(熱電対)について

N熱電対は比較的新しいタイプ。K熱電対の改良品となる。

K熱電対よりも耐熱性が良い。ほとんどの温調器にはN熱電対の設定がある。リード線色はピンク。ちなみにKは青、Rは黒。 

熱電対のオプション記号で/+SCはヒーターの過熱断線が起こりにくい熱電対設置方式で弊社ではお勧めしている。
 〜650℃で使用の場合はセンサーはK熱電対→/+SC
 〜850℃程度で使用される場合はN熱電対→/+SC(N)
 〜850℃以上で使用される場合はR熱電対→/+SC(R)
  

   上記の圧力損失値はヒーター単体での値です。ウレタンチューブ等での圧力損失は含みません。

 

   上記の圧力損失値はヒーター単体での値です。ウレタンチューブ等での圧力損失は含みません。
  
                       先頭に戻る 
    
    SAHD-10Tシリーズ 加熱管Φ10, 金属ケースφ13  100w〜2000w

  
 
   従来,最も一般的に多量に使用されてきた小型熱風ヒータSAHD-10SシリーズをT型にしたもの 
  

  
 ヒーターからの電線類はエア
 ーチューブ内を通り、エアー接
 続口から引き出されます。電
 源線,センサー線に加えアー
 ス線も備えますから漏電に対
 しても安全に運用できます。
 
 電源リード線  白×2本
 
 センサーリード  
  青 → K熱電対〜650℃
  桃 → N熱電対〜850℃
  黒 → R熱電対〜1100℃
 
 アース線      緑
 
 ヒーターが運動する場合、特
 にセンサーリード線が疲労断
 線する故障が多発します。し
 かしこの製品なら疲労断線の
 リスクがほぼゼロになります。
          
   
 推奨するご使用方法   SAH型熱風ヒータはエアー流量のコントロールと、熱風温度のコントロールが必要です。
  専用コントローラ
   FCM−N型

これ一台でエアーと電気のコントロールをまとめて行いますので、これだけで完結です。
 
 
 
 
 
  掲載ページへリンク 
 
  熱風温度とヒーター出力(%)を指定するだけです。あとはコントローラが自動で適切な流量のエアーを流します。
  かんたん操作で超高安定性です。エアー元圧や電源電圧の変動があっても安定化させる機能をもたせています。
 
   供給電源   AC200v〜240v   基本構造はフリー電圧仕様で100vも可。
   供給エアー  圧力0.3〜0.6MPa 清浄なエアー ( 0.01μmフィルター取付必須 )
 
 



 接続図A3      -    
 
 取扱説明A3      -    
  原理図      -    
  回路図 



                   このページの先頭に戻る 


   Back     


         Fintech.co.jp


   会社概要                                                               ******************************************************************************************************************************************