超高性能,超コンパクトな光加熱ハロゲンスポットヒーター (ポイント加熱)
                    Fintech.co.jp
           
         
   光加熱スポットヒータ 
    HSH-30,HSH-35
 
  ハロゲンランプの光を集中させ高温加熱する
  光加熱スポットヒータで超低コスト加熱を実現
 
  集光径は焦点距離15oで約φ5o。加熱対象
  物にもよりますが約1300℃程度まで加熱可能。
  ハンダ付けに使用した場合の時間は約5秒間。
 
 光で加熱します。熱媒体を必要としないので完
  璧なクリーン加熱が可能であり、真空中での加
  熱も可能です。
        HSH-30  HSH-35 前面ガラス付
 
 高効率ミラー設計と高反射率の金メッキ鏡仕様。
 HSH-35は石英製の前面保護ガラス付き。
 
 ミラー部とランプ部に分かれており、ランプ部の
 み,ミラー部のみの交換が可能
 
 
    小型軽量でハイパワー
 HSH品種  HSH-30  HSH-35
 ヒータ外径 OD  φ30mm  φ35mm
 ヒータ高さ Height  40mm  44.5mm
 質量  約65g  約85g
 前面保護ガラス  無  有 (石英)
 焦点距離 f mm
 集光径    φmm
 照射密度 w/cm2

  これらの数値は
   24v-75wランプ
   での計算値です
f=12    集光径φ4.5
 110w/cm^2
f=15  集光径φ4.5
 120w/cm^2
 集光径φ5.3
 84w/cm^2
f=30  集光径φ7
 40w/cm^2
 集光径φ8
 32w/cm^2
f=40  集光径φ9.1
 25w/cm^2
 組合わせる標準
 ランプ (3種類の
 標準品あり)
A  JD24v-75w/3000K
B  JC12v-110w/3050K
C  JC10v-85w/2900K
 水冷ユニット質量  約40g
       
 
 型名表記方法 HSH-30/f□(-φA)/□v-□w/+オプション  HSH-35/f□(-φA)/□v-□w/+オプション
 
 
 ※(-φA)を省略した場合は完全集光型。その場合の集光径はほぼ右上の表の様になります。
  ある程度分散させ広い範囲を加熱したい場合は照射範囲φAを指定してください。その場合、特注仕様になります。
  ただし集光型でも焦点からずらして使用する事により広い範囲の加熱も可能です。例えば右上表の f=12mmの物
  を照射距離30mmで使えば約φ30の範囲を加熱できます。
 
 
   下のグラフはHSH-30/f15ミラーに最も強力な12v-110wハロゲンランプを組み合わせた場合の特性図です。
   110wランプの場合、連続通電では約7v以上で強制冷却が必須です。



 水冷ユニット付
 HSH-30/f15
 12v-110w
 HSH-30/f15
 12v-110w

 ランプ部
 HSH-30 or HSH-35

 ミラー部
 上:HSH-30
 下:HSH-35
 水冷ユニット
 WCU-30
 φ4チューブ接続
 
 
 
   HSH-30,HSH-35用の標準ランプ
** 適合ランプ 色温度  寿命         フィラメント輝度(パワー密度)はB>A>Cです。
 A   JD24v-75w 3000K  800h
 二重コイル発光体は比較的放射率が高く高輝度です。
 B  JC12v-110w 3050K  800h
 シングルコイルですが、特殊設計で特別に高輝度化しています。
 C  JC10v-85w 2900K 1200h
 一般的なシングルコイルフィラメントです。
 
            
 

 

 
 
 
 
一般的に高輝度光源のランプほど同じミラーでもスポット径が小さくなり、高温になります。
 
真空中でのご使用についてですが、無機接着剤等からのガス放出の懸念はあるのですが、通常は支障なく使える様です。

温度データ。クリーン仕様品は上記理由で削除しました。→ 参考データ PDF
 


12 照射距離と照射径,加熱温度
 
下の写真はHSH-30/f15/24v-75w(焦点距離15mmの機種)で、照射距離を変えて照射した状態です。(スクリーンを焦がさないために撮影時の供給電圧は4v,そのときの消費電力は約5w)
 
当然の事ながら、照射距離=焦点距離の時が最も小さく集光します。最も小さく集光したときの径は、図面上には約φ5 と記載していますが実際にはφ4mm〜φ5mm程度です。またランプによっても集光径は変化し、電力を小さくするほど集光径も一般的に小さくなります。(ほぼ電力の平方根に比例)→参考「光加熱の物理
 
なにをもって「集光径」と呼ぶかなのですが、照明の分野では中心照度の半分になる範囲を照射範囲と呼ぶのが一般的です。
 
しかし光加熱の分野では「中心の半分のパワー密度になる所」というのはあまり意味がありません。そのため当社では「中心とほぼ同じ程度に加熱できる範囲」を「集光径」と呼んでいます。測定方法は光学的に測定するのはややむずかしいので、実用的な測定方法として紙に焦げ目をつけさせ、中心部とほぼ同程度に焦げる範囲を「照射径」としています。この方法は厳密さには欠けますが、実用的です。それ以外にも、当社の光学設計ソフトで配光計算し、中心部パワー密度の80%範囲を集光径とする場合があります。両者はほぼ同じ値になります。
 
参考までに焦点面での温度分布測定値照度分布測定値1及び測定値2です。生データですので、見にくいとは思います。また温度分布については、温度が照度(光エネルギー密度)のほぼ三乗根に比例のため、分布の山がダレています。
 
下の写真で分かるように照射距離が焦点距離より近くても遠くても集光径は大きくなっていきます。この性質を利用すれば、比較的広い範囲を照射する事も可能です。ただ、さほど均一な照射にはなりません。厳密に均等な配光が求められる場合には単純な楕円ミラーではなく、配光を特別にコントロールしたミラーが必要です。しかしフィラメントの不均一さや焦点合わせの精度などから、完全に平坦な配光分布を得るというのは非常に困難な事です。→参考「光加熱の光学
 
確実に高温加熱を成功させるには、ヒータの選定とともにちょっとした工夫が必要です。「空洞加熱法」を採用してください。
 
 
  
  f=15の機種を10oの距離で照射   f=15の機種を15oの距離で照射
  f=15の機種を20oの距離で照射   f=15の機種を30oの距離で照射
   下側に出来た影はフィラメント支柱の影
 
  
12 本体の温度上昇について

24v-75wタイプでも24vで連続通電した場合には本体の温度上昇が約 200Kとなります。ここで室温が30℃とすれば本体温度は230℃程度まで上昇します。これは本製品の耐熱限界を超え危険です。当然の事ながら85wタイプや110wタイプではもっと温度上昇します。

連続通電される場合には強風を吹付けるとか、放熱板や放熱しやすいものに取りつけて冷却させる、又は水冷ユニットWCU-30の採用や後記する配管エアー冷却式のスポットヒーターを採用する等で本体の温度を150℃以下に保ってください。

連続通電でない場合や電圧を下げて御使用の場合には特に放熱対策が必要でない場合もあります。ただし、ご使用状態での本体温度は適時確認してください。
 
 
     取扱説明書PDF       図面印刷用PDF        Price
 
 

 CAD図面 ダウンロード

     
     


各種製品図 
HSH-30/f15/24v-75w/+HD
HSH-30/f/V-W
HSH-35/f15/24v-75w
HSH-35/f/V-W
HSH-30/f□(-ΦA)/V-W/+Air
HSH-24/f15/24v-75w
     
作図組込用図面  
HSH-30共通外形図.dxf
HSH-35共通外形図.dxf
HSH-30LineAir空冷式共通外形図
3D図面 step形式
HSH-30_01.zip
HSH-30Air_01.zip
HSH35_01 zip
3D図面 f3d 形式
HSH-30_01.zip
HSH-30Air_01.zip
HSH35_01.zip
 
 
他のファイル型式が必要な場合はご相談ください。→asada@fintech.co.jp
  
 
 








 ハロゲンスポットヒーターの冷却について

 
 ハロゲンスポットヒーターは状況によっては強制冷却が必要です。HSH-30/35の場合、50wまでであれば、連続
  点灯でも強制冷却は必要ありません。しかし60w以上で連続点灯の場合は何らかの強制冷却が必要になります。
 
 冷却方式は水冷とエアー冷却の2種類が選択できます。水冷の場合は通常仕様品に水冷ユニットWCU-30を取
 り付けるだけで済みます。必要な冷却水量はランプ電力100wあたり50cc/min.です。110wランプの場合には55
 cc/min以上を流して下さい→下1図参照
 
 エアー冷却式は下2図の様になります。エアー冷却式は配管エアー等を流して空冷します。必要なエアー量は
 ランプ100w当り約25L/min.です。110wランプであれば27L/min.程度のエアーを流して下さい。
  

 
    水冷ユニット装着の例   必要とする冷却水量はランプ電力100wあたり50cc/min.です。
 
 
 
 

 
      エアー冷却式ハロゲンスポットヒーターの例  必要なエアー量はランプ100w当り約25L/min.です。
      75wランプの場合は約20L/min. 85wランプの場合は約22L/min. 110wランプの場合は約28L/min.
 
 
 

 

 

 
  図面,資料   PDFファイル。ここに戻るにはブラウザの「←戻る」を使ってください。
 
 図面資料名  GO   備考
 フード(HSH-30) *公開
 ベース(HSH-30,35) *パスワード必要
 HSH-30-f100 配光 *公開
 フード(HSH-30) *公開
 HSH-30 製品図 *公開
  HSH-30-f30-D30 ミラー *パスワード必要
  HSH-35 ミラー(座標データ無し) *公開
  HSH-30用ランプユニット *公開
  旧HSH-7図面 *パスワード必要
 Mirror for HSH-35/f15 *公開
 Glass for HSH-35 *公開
 
        DWGファイルの閲覧,作成用無料ソフト  ダッソー・システム社 DraftSight
 
 
 
 
                        Fintech.co.jp
 
 


     

ハロゲンランプ用 標準型電源コントローラ     

標準在庫品販売方式。即納,高いコストパフォーマンス。 ただしカスタマイズはできません。

 
    型名

 
                 特徴,機能   
 
 
  適合ランプ
 
 
  外形
 

備考   
 

 HLC-LN


 即納可

低電圧ハロゲンランプ ヒーター用 
直流電源。高機能,低コスト

 
@12v/24v 切替式 150wまで。
Aソフトスタート,断線警報機能
B予熱機能付き→外部から切替式
   V1,V2の2つの電圧を正面のボリュ
   ームで設定でき、それを外部から
   切替可能。 出力は安定化。
C外部コントロール 4〜20mA
D電源はフリー電圧 100v〜240v 
Eデジタル電圧,電流計,電力計付
F高級SUS外装。堅牢で高耐蝕性 
  
HSH の下記ラ
ンプが点灯可

12v-20w  6本
12v-40w  3本
12v-85w   1本
12v-110w 1本 
 
24v-75w  2本 
24v-150w 1本
    直流点灯方式。 軽量で
 高機能。優れた コストパ
 フォーマンス
 
 適合するヒーター
   HSH-12, HSH-18
   HSH-30, HSH-60
 
 取扱説明書
 

 HLC-MN


 
 即納可

低電圧ハロゲンランプ ヒーター用 
直流電源。高機能,大出力


@0〜36v-12.5A(450w)。電圧安定化
A定電圧,ソフトスタート,断線警報
B予熱機能付き→外部から切替式
   V1,V2の2つの電圧を正面のボリュ
   ームで設定でき、それを外部から
   切替可能。 出力は安定化。
C外部コントロール 4〜20mA
D電源はフリー電圧 100v〜240v 
Eデジタル電圧計,電流計,電力計付
G空冷HSH用ファン電源付き
H高級SUS外装。堅牢で高耐蝕性
24v-300wまで
のランプヒータ
 
36v-450wまで
のランプヒータ
 
24v-75w  4本 
24v-150w 2本
    直流点灯方式。 軽量
 で高機能。優れたコス
 トパフォーマンス
  
   適合するヒーター
 高出力のHSH-60用
 通常のHSH用としても
 多数点灯用としての選
 択肢になる
   

 HLC-HN 



 即納可


ライン電圧ハロゲンランプ用
電力コントローラ(安定化電源)

@ランプに加わる電圧をコントロール。
   電圧安定化,ソフトスタート,断線警
   報も備える
A100v〜240v電源に対応しているの
 で定格電圧が100v〜240vのランプ
 に対応。 最大電流は25Aまで
B予熱機能付き→外部から切替式
   V1,V2の2つの電圧を正面のボリュ
   ームで設定でき、それを外部から
   切替可能。 出力は安定化。
C外部コントロール 4〜20mA
Dデジタルマルチ計(電圧,電流,電力)
E高級SUS外装。堅牢で高耐蝕性
F電力設定V1は高精度のポテンショ
 メータ
 
100v-2.5kwまで
のランプヒータ
  
200v-5kwまで
のランプヒータ
 
240v-6kwまでの 
ランプヒータ 
    交流位相制御点灯方式
 軽量で高機能。優れたコ
 ストパフォーマンス
   
 適合するヒーター
 HSH-120,HSH-160,その
 他全てのライン電圧用LH
 W,LHA.
 
 供給電圧はフリー(100〜
 240v)ですが、使用するラ
 ンプの定格電圧を超えな
 い様にして下さい。
 ランプ定格電圧=供給電
 圧が基本です
 
 
  

   
   
       Fintech.co.jp