工業用高温ヒーターの専門メーカ。高温熱風 ホットエアーヒーターと光加熱(ハロゲンスポットヒーター,ラインヒーター,パネルヒーター)などを設計,製造,販売。   最高性能で短納期,低価格,多品種常備在庫

(有)フィンテック MENU

光加熱

 図面
0.概要、取扱説明
1. スポット ヒータ
   点,円形の加熱
   φ12,φ18-40w〜
   φ30,φ35-110w〜
   φ60-450w〜
   φ120-1kw〜
   φ160-2.5kw〜
2. ライン ヒータ
   線,帯状の加熱
  幅30 短焦点 F=20
  幅35 平行光 F=∞
   幅55 短焦点 F=25
   幅60 平行光 F=∞
   幅65 長焦点 F=75
  空冷,その他
3. パネルヒータ
   平面の加熱
4. 加熱用ランプ
5. 石英管ヒータ 
熱風加熱

 図面
0. 概要、取扱説明
1. 標準エアヒータ
   超小型 4,6シリーズ
   小型 8 シリーズ
   標準 S シリーズ  
  旧10,15Hシリーズ
  大型18,22,29シリーズ
  セラミックベース型
  超大型 (六連型)
2クリーン,高気密
3超高温熱風ヒータ
4その他熱風ヒータ
周辺機器
*
1. 機器一覧表
2汎用エアー源
3. 専用電源(熱風)
4. 汎用電源(熱風)
5. 専用電源(光加熱)
6. 汎用電源(光加熱)
7. ポンプ,制御機セット
(有)フィンテック 光加熱 メニュー 知識
* 光加熱の物理
* 光加熱の光学
* 初歩電気講座
* 簡単な熱計算
* 各種物性一覧
* 物理定数,公式
* 技術計算ソフト
(有)フィンテック 光加熱 メニュー 図面仕様
* 図面ダウンロード
* 造仕様書
* 型名表記法
* 部品規格
(有)フィンテック 研究室
 Site map
*
***
スマホメニュー 熱風加熱ビデオ 光加熱ビデオ 神戸/案内 問合せ 熱風ヒータ特性 生産工程 熱電対 エアー源 サイトマップ ********
熱風加熱計算 エアヒータ寿命 熱風温度分布 無風通電 耐圧力 コントローラ RoHS指令 価格 光加熱用電源 会社概要
非該当証明 電熱線選定 供給エアー圧 品質基準 熱効率 銀ロー用熱風ヒータ ハロゲンランプの知識 リクルート
  
                                              熱風ヒータの次期主力商品
  
               SAHD−8シリーズ   金属ケースφ10.5  550w〜670w
  

 
     超高密度のHD発熱体。外径φ6mm で高耐風圧
     設計。高圧損として通過流体に強い乱流を起こす
     ことで高い熱伝達効率を得ている。

 
       Rc1/8又はG1/8メネジを備えるので、上図の様
       な安価な市販の針ノズルや各種の標準的アタッ
       チメントが便利に使える。  
 
 主な用途
  
各種予熱,加熱加工,ロー付け,溶接,切断,蒸発,乾燥などに超低コストで対応できます。電気,機械,自動車,半導体工業をはじめ、あらゆる工場,実験室,研究室などでご使用いただけます。
  
熱風ヒータシリーズ中での位置
 
最も需要の多い500w程度を最適条件でカバーするべく開発した新機種です。従来品よりもスリムで超高温対応,高出力です。
 
ヒーターを構成する発熱体や絶縁管,石英管がスリムになることで高い耐衝撃性が生まれます。過酷な海外運送による振動衝撃にも余裕で耐えます。ロボットに取り付けての運用などでも強い耐力を発揮します。
 
最多需要帯を担当させるべく、量産対応,高信頼性を熟慮した設計になっています。
 

   ヒーターの主な仕様    注 意 点
 
 定格電圧,電力  220v-670w
             200v-550w
             100v-300w
 エアー耐圧     0.8 MPa
 エアー温度     〜1100 ℃(常用1000℃)
 エアー流量     5〜40 L/min.
  
 
 SAHD-8型熱風ヒータは比較的圧損の大きな熱風ヒータ
 です。40L/minでご使用になる場合には約0.3MPaの圧力
 損失を見込む必要があります。そのため通常はエアーコン
 プレッサー( 工場の配管エアー) を使用します。
 このヒーターを高温で使われる場合には、その温度に対応
 した温度センサ(熱電対)を選定してください→下の資料
 
                                                                             
 
   CAD図面(.dwg)  ダウンロード
 
   SAHD-8Hシリーズ:IDS-HP用抜粋  
 

 他のファイル型式が必要な場合はご相談ください。→asada@fintech.co.jp
 

  
                  SAHD−8シリーズ  型名指定方法
          型名の例           内容
 SAHD[電圧]-[電力]/ 8PH/+SC   標準的な構造。センサーはKタイプ(〜600℃)。リード長さは標準
 SAHD[電圧]-[電力]/ 8PH/+SC(R)   標準構造でセンサー種類がRタイプ(〜1000℃)になる
 SAHD[電圧]-[電力]/ 8PH/+SC(N)   標準構造でセンサー種類がNタイプ(〜800℃)になる
 SAHD[電圧]-[電力]/ 8PH/+SC(N)/P,S1m  センサーがN(〜800℃)でリード長さが電源,センサーとも1m
 SAHD[電圧]-[電力]/ 8PH/+SC/+H9  Kセンサー付きでH9の六角部(スパナかけ)付き
 SAHD[電圧]-[電力]/ 8PH/(G1/8-G1/8)/+SC  標準ネジはRc1/8だが、これをG1/8メネジにする
  
 電圧,電力の組み合わせは下記の3種類のみ。
 @220v-670w   A200v-550w   B100v-300w
 
 基本的な考え方は、8シリーズで作れる最も大きな電力
 容量のものを標準として、品種数を最小限とする。

〜600℃程度で使用の場合はセンサーはK熱電対→/+SC
〜800℃程度で使用される場合はN熱電対→/+SC(N)
〜1000℃で使用される場合はR熱電対→/+SC(R)
最大電力容量の物があれば良しとするのは、例えは必要
電力が100wのユーザーでも、温調器を使って電力コントロ
ールすれば670wの機種が問題無く使えるため。(2.5A以下
の低電力品は作り難く、コスト高,信頼性も低下)

N熱電対は比較的新しいタイプ。K熱電対の改良品となる。
K熱電対よりも高温特性が良い。ほとんどの温調器にはN
熱電対の設定がある。リード線色はピンク。ちなみにKは青、
Rは黒。 
  
           
   
 推奨するご使用方法   SAH型熱風ヒータはエアー流量のコントロールと、熱風温度のコントロールが必要です。
  専用コントローラ
   FCM−N型

これ一台でエアーと電気のコントロールをまとめて行いますので、これだけで完結です。
 
 
 
 
 
  掲載ページへリンク 
 
  熱風温度とヒーター出力(%)を指定するだけです。あとはコントローラが自動で適切な流量のエアーを流します。
  かんたん操作で超高安定性です。エアー元圧や電源電圧の変動があっても安定化させる機能をもたせています。
 
   供給電源   AC200v〜240v   基本構造はフリー電圧仕様で100vも可。
   供給エアー  圧力0.3〜0.6MPa 清浄なエアー ( 0.01μmフィルター取付必須 )
 
 


 接続図A3      -    
 
 取扱説明A3      -    
  原理図      -    
  回路図 




   Back      DWGファイルの閲覧,作成用無料ソフト  ダッソー・システム社 DraftSight        



         Fintech.co.jp


   会社概要                                                               ******************************************************************************************************************************************