Fintech.co.jpの会社概要

  
     会社概要  
  
  
  フィンテックという社名について
  
  当社を設立した当時はフィンテック
  という言葉は一般的ではありません
  でした。
  
  そこでFine-Technologyという意味
  合いで社名をFintechとしました。
  
  しかしその後 フィンテックは金融用
  語 (Financial-technologyの略語)
  としての使われ方が一般化してしま
  い、若干困惑しています。
  
 Fine もFinancial も語源をたどれば
 ギリシャ語のFinis(終)になります。
  
 最終→素晴らしい→Fine
 最終→決着を付ける→Financial

 社名      有限会社フィンテック 
 設立      平成4年12月04日
 資本金      300万円
 本社住所   〒651-2225 神戸市西区桜が丘東町1丁目13番地の5
 電話番号   本社 078-995-1774  富士見が丘事業所 078-202-5708
 代表者     浅田 茂 ( blog  facebook ) 代表取締役社長
 従業員数   約10名(正社員6名) 
 取引銀行   ジャパンネット銀行 本店営業部(001) 普通口座5092439
           日新信用金庫 緑が丘支店( 17) 普通口座 445632
           三井住友銀行 緑が丘支店(442) 普通口座3516103
       
 売上高        第14期2006年10月末 \69,596,808.(姫路除く)
           第15期2007年10月末 \55,310,019.(姫路除く) 
           第16期2008年10月末 \62,580,325.(姫路除く) 
           第17期2009年10月末 \57,537,346.(姫路除く)
           第18期2010年10月末 \94,269,311.(姫路統合)
           第19期2011年10月末 \95,233,865.
           第20期2012年10月末 \99,399,938.
           第21期2013年10月末 \91,852,038.
           第22期2014年10月末\100,666,243.
          第23期2015年10月末\188,548,576.
          第24期2016年10月末\241,993,762.
          第25期2017年10月末\197,021,919.
          第26期2018年10月末\240,687,190.
          第27期2019年10月末\174,955,226.

  
 
  「当社は、ものづくりを通じ社会に必要とされる企業を目指します。」
 
  環境方針
 
  ・当社の製品開発技術を通じ環境負荷低減に積極的に努めます。
 
  ・地球温暖化防止のため、燃料などの省エネルギー化やリサイクルの推進を
   通じて廃棄物の削減を目指します。
 
     
  コメント
 2020/01/01
 
第27期(2018/11月〜2019/10月)はこれといった特需もなく、世界的にも当社関連業界の設備投資が低調だった事もあり、低い水準となった。しかしこれが実力に近い数字とも言える。
この程度の状況でも赤字転落せずに余裕でしのげる体制を維持強化しつつ、次の飛躍のチャンスを待つというのが今年のスタンスになるだろう。
                              
アメリカと中国,北朝鮮,イラン,そして日本−韓国のトラブル等、世界情勢は相変わらず見通しが立ちにくい。しかしその様な状況にもできるだけ影響を受けない企業体質を維持強化していく必要が増している。当社商品の将来の方向性としては圧倒的な高性能の追求とともに普及価格帯の商品でも圧倒的な競争力をもった商品を投入してボリュームゾーンを抑えてしまうことだろう。他社で代替えの効かない商品をいくつ持っているか、どの程度の世界的シェアがあるかが重要。

光加熱(スポット)→HSHシリーズは世界的にも圧倒的な競争力があるので、海外販売を強化していく事が必要。

光加熱(ライン)→これは当社の大出力品については競争力が強いが、通常の出力品については圧倒的競争力とは言い難い。通常品のコストダウンとともにブック化ラインヒーターのアイデアを活かす事により競争力が飛躍的にアップすると考えている。これの開発は中座しているが、問題点を解決して商品化を進めなくてはならない。

熱風ヒータ→ここ数年で商品化したSAHDシリーズ(超高密度発熱体採用)と超高温化技術(1000℃〜1100℃)により商品力は世界一だと思う。あとはこれを世界的な販売網に乗せる事。そのときの主役は8シリーズだと思ってる。
             
コントローラ→熱風ヒーター用の総合コントローラFCM-NRは画期的な独創技術とコストパフォーマンスを両立できるコントローラ。今年も引き続きこれの販売に注力していく予定。
          
 
 
 
 
    当社について
 
       工業用加熱装置及び電球類の開発,製造,販売を目的として平成4年末に設立した会社です。
 
       主に熱風加熱ヒータと、ハロゲンランプを使用した光加熱ヒータを扱っています。 800℃〜1400℃といった非
       常な高温加熱能力と、クリーン,安全,小型で、しかも良好な温度コントロール性を備えるなどの特徴があり、
       近年及び将来の産業界のニーズに完全に合致するものです。
 
       当社は量産を目指した生産工程にはなっていません。1本だけの特注仕様品でも低コストで、しかも短納期
       で対応できる工程に仕上げています。
 
       ただし人員に関しては必要最小限なので、ご注文が重なったときなどは、それなりに納期をいただく場合がご
       ざいます。 
 
 
 
 





    連絡方法、住所等



    名称

   機能   住所, 連絡方法
 1.
  (有)フィンテック  本社

  The main office

    本社
   
    Laboratory

  
〒651-2225 神戸市西区桜が丘東町1丁目13-5
    mail⇒kobe@fintech.co.jp       道案内
  Sakuragaoka-Higashi-machi 1-13-5,
 Nishi-ku,Kobe City (Postal code 651-2225)
 TEL 078-995-1774  FAX 050-3156-7599
 
 2.
  富士見が丘第一


    熱風ヒータ特殊
  品製造



  〒651-2214 神戸市西区富士見が丘4-3-18

  TEL 078-201-1011  FAX 050-3156-7599
 
Mail⇒fuji@fintech.co.jp

 3.

  富士見が丘第二
  




  主力工場, 営業所



 〒651-2214神戸市西区富士見が丘1-7-2
  代表 TEL.078-224-5075

   直通
   営業1G TEL 078-202-5708
   営業2G TEL 078-224-5198
   製造1G TEL 078-224-5075
   製造2G TEL 078-224-5169
  
   mail⇒fuji@fintech.co.jp

   FAXは一括でインターネット受信し、各部署にメール
  配信しています。そのため全部署共通番号です    
              FAX.050-3156-7599






    お問い合わせについて

     お問い合わせはその内容により下記にお願いいたします。


   技術的ご相談
   特殊品ご注文

  → 本社 Laboratory
      担当: 浅田
 E-mail: kobe@fintech.co.jp
 Tel.078-995-1774 Fax.050-3156-7599

   既存商品について  
   ご注文, 納期, 価格


  → 富士見が丘営業所   
      
 E-mail: fuji@fintech.co.jp
 営業1G Tel.078-202-5708
  営業2G Tel.078-224-5198
 FAX 050-3156-7599(全部署共通)  





    生産工程の一部をご紹介する写真とビデオ








 コイリング(巻線)の実演  ビデオ
 
当社熱風ヒータの特徴的な巻構造の発熱体を作る工程です。
多品種少量生産なので完全な手巻きで作る場合が多いのですが、このビデオのような半自動式の巻き方もできます。
この巻き方は一般的には「花巻き」と呼ばれています。
 TIG溶接実演  ビデオ
 
溶接方法を工夫することにより簡単に、しかも早く確実な溶接ができるようになりました。 
当社ヒータの高温部(ヒーターの先端や熱電対溶接部)の接合はこの方法を採用しています。 
 センサ先端溶接(TIG)  ビデオ
 
前記アルゴンアーク溶接により、当社のセンサー内蔵型発熱体の熱電対先端部(測温部)を溶接しているところです。
 コンデンサ式スポット溶接  ビデオ
 
リード線の溶接など、高温に耐えない部材の溶接は、この方式で溶接しています。 
1/100秒以下の短時間で溶接を行うため、溶接部以外への熱影響はほとんどなく、溶接部も通常はほとんど酸化しません。







    Laboratory  桜が丘の研究室

スポット溶接 試作,TIG溶接 試作,通電
スポット溶接
大型TIG溶接 検査,測定
大型超音波洗浄 高温電気炉
顕微鏡,天秤,パーティクルカウンタ 試作
材料倉庫 試作 製品ショーケース
〒651-2225 神戸市西区桜が丘東町1-13-5
玄関 外観



        富士見が丘第二工場                                                            
                                                
富士見が丘第二工場 正面          富士見が丘第二工場 入口        富士見が丘第二工場 2F作業場
富士見が丘第二工場 2F作業場       富士見が丘第二工場 2F作業場        富士見が丘第二工場 1F作業場
   〒651-2214神戸市西区富士見が丘1-7-2

       富士見が丘ショッピングプラザ2F
         
富士見が丘第二工場 1F作業場       富士見が丘第二工場 1F作業場